読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『セーラー服と機関銃』(1981)

 相米慎二監督、薬師丸ひろ子主演の『セーラー服と機関銃』。渡瀬恒彦さんの訃報を聞き、追悼の意を込めて視聴した。
 突然の事故で父を亡くし天涯孤独となった女子校生が組員四人のヤクザ組の組長を引き受けるハメになりあれよあれよという間に薬をめぐる争いに巻き込まれていく。セーラー服(学生)と機関銃(ヤクザ)のアンビバレンツさ、そして少女と母性の両面性を揺れ動きながら、薬師丸ひろ子演じる星泉が成長する物語。
 薬師丸ひろ子というアイドルを主役に据えながらも映像はかなり実験的である。まずは何と言っても印象的な長回し。思わず映画の世界の中へ引きずりこまれそうになる。ロングショットも多用されており、重要な会話の場面も役者は豆粒ほどだったりする。またセットの造形感覚もユニークで薬師丸ひろ子がお寺で十字架に掛けられているのだから驚きである。魚眼レンズが使われたり、音響も随所で加工を加えたりと意欲的に様々な手法に挑んでいる。
 1981年の映画ということででてくる俳優さんが若いな、というのもあるが、なにより昭和の街ってこんなんだったんだなと気づかされる。色んな看板が映り込み(五円居酒屋!)屋台を引くおっちゃんがいる。こういうガチャガチャした街、好きです。
 そしてやっぱり渡瀬恒彦さん、かっこいい。『仁義なき戦い』のかっこいい役者さんがまた一人いなくなるんですね。ご冥福をお祈りします。